スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

節約をするためにかかせないもやしの活用術

節約のための食材で最も購入頻度が高いのが、もやしです。
もやしは野菜が高い時にも値段がほとんど変わりませんし、多少品薄にはなりますが一年中価格が安定しているので本当にお世話になっている野菜の一つです。
ほとんどのお店で50円以下で購入することが出来ますし、近所のスーパーでは20円で購入できます。
活用術は私の場合茹でて冷蔵庫に入れておきます。
生のまま野菜室に入れておくとあっという間に水が出てまずくなってしまいますし、ゆでても長持ちするというわけではありませんが、すぐに食べられる状態にしておくことで腐らせたりすることなく使い切ることが出来ます。
私はロース肉やありあわせの野菜をのせて冷しゃぶサラダにすることが多いですが、ここでももやしは大活躍です。
かさましになりますし、胡麻ドレッシングでも和風ドレッシングでも合うので欠かせない食材です。
朝、パンを食べる時に野菜が何もない時にはゆでたもやしにドレッシングをかけてサラダ風にして食べています。
毎回お湯を沸かしてゆでるよりもゆでたものを冷蔵庫に入れて少しずつ食べたほうが電気代も水道代も節約になりますし、手間も省けるので大袋で買ってまとめてゆでてストックしています。

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

スポンサーサイト

コメント